木製家具・その他

屏風

写真 真ん中、板がある所には葦がはまってたんですが、 葦が葦が古くなり、新築に合わせて買い替えの相談を受けました。 枠が杉で、腰板は桐の透かし掘り。傷んでいる箇所は葦だけだったので、杉板をはめ込む提案をさせていただきました。 廃棄処分寸前だった屏風が、今では来客から褒めらる屏風へと変身しました。

ちゃぶ台

写真 懐かしく感じる方もいらっしゃると思います。 【ちゃぶ台】です。 “昔のちゃぶ台” という依頼だったので、金物を一切使っていません。 時代も一周回ってオシャレ感があります。

下駄箱の改修

写真 既存の下駄箱を利用し、下に段を増やして扉を付けました。 木製だと、切る・削る・ビスが効くので、こういった改修が可能です。 また、今回は扉に合板を使用しましたが、合板の色を変えたり、アクリル板にすると雰囲気がガラッと変わります。 なので、お使いの下駄箱でまだまだ使えるけどなんか・・・とお思いの方は、扉だけを作り替えても雰囲気が変わります。

下駄箱 兼 畳縁台

写真 靴箱に通気性は大事です。可動式の棚板と底板をスノコ式にし、扉も通気性を考えた作りにしてあります。 座る部分は板張りでも良いと思いますが、畳の座り心地と柔らかさが空間を演出しています。

収納棚

写真 真ん中の仕切り板を奥に下げてあるので、長いバーもしっかり収納できます。また、扉のアクセントに『水引』を使用しました。オーダーだから出来る仕様です。

古障子の改修

写真 古い書院障子に色和紙を貼り、金物や棚板を付けて【飾り棚】として生まれ変わりました。こういう細工物の建具は、屏風や目隠しとしての再利用も可能です。