カラー障子

カラー障子とは

日本には様々な和紙があります。白一色が普通だった障子に模様や色を加える事で、雰囲気が一変し、和にも洋にも合うインテリアとして生まれ変わります。貼替えが必要な障子だからこそ、こういった《遊び》が可能なのです。

美濃 落水紙(菊模様)

写真 落水紙とは、レースの様な和紙の事です。 画像は美濃の手漉き落水紙。 市松模様など様々な種類があります。 色和紙に抵抗がある方にお勧めで 繊細で美しい模様がお部屋を彩ります。

因州和紙(紫のライン)

写真 組子の形を利用して、紫のラインを入れてみました。 これだけでも、お部屋の雰囲気はガラッと変わります。 昼と夜、光の当たり方で色の濃淡が変わるのも和紙の特徴で、お楽しみいただけると思います。

模様和紙

写真 お客様が持参した和紙を使用しています。 両面に模様が配されてなくても綺麗に貼るこ事ができます。 何か殺風景だった和室のアクセントになり 気に入った模様は気分を和ませてくれます。

因州和紙(補修)

写真 貼り替えたばかりなのに穴を開けてしまった。 そんな時は、白い紙を使うのではなく、色和紙で補修する事により デザイン的に見せる事が出来ます。 オシャレ感がグッと増します。

因州和紙(左右非対称)

写真 お色を選んでいただき、配置は任せていただきましたので、 [花畑]をイメージして、左右非対称にしました。 こういった《遊び》ができるのも障子の魅力だと思います。 来店者からは、見た事がないと好評です。

因州和紙(灯り取り)

写真 LEDライト照明に因州和紙を使いました。太陽の光とは違い、アンティークっぽい風合いがとても綺麗です。

因州和紙(茶色の帯)

写真 30年くらい前に襖で流行った、横一列に色が入る帯模様を障子に施しました。地味に思える茶色ですが、存在感がありながら落ち着いた印象になります。

和紙3種使い

写真 3種類の和紙を斜めに配しました。白一色の時よりも、お部屋が華やかに生まれ変わります。

因州和紙(縦ライン)×落水紙(菊模様)

写真 お客様のデザインです。組子のデザインを利用して縦に青い因州和紙を配しました。よく見かける障子のデザインですが、色和紙や落水紙を使う事で全くの別物に見えます。